DSC02172

DSC02603

DSC02345

DSC02296

ということで小松基地航空祭に行って来ました。
小松基地は本州日本海側で唯一の戦闘機基地で、F-15を装備する第303・306両飛行隊が所在しており、派手な編隊飛行や機動展示が毎年行われることで有名らしいです。

当日の天気は生憎の小雨。はじめて岐阜に行ったときみたいな感じで、我ながら天気運に見放されていますw

DSC02237

DSC02550

DSC02565

DSC02573

恒例らしい編隊航過は303・306両隊から4機づつの8機で実施。
編隊は壮観という他ありませんがそれにしても青空が恋しいw

程よいテンションの場内アナウンスとアニソン混じりのBGMは他の空自航空祭と同じですが、TACネームなんかが紹介される辺りはここがスクランブルの最前線に立つ実戦部隊であることを思わせます。

DSC02516

余命幾許もない(?)百里基地所属RF-4Eファントムによる飛行展示もありました。
ややこしいですがRF-4EJがF-4EJ戦闘機からの改修であるのに対してRF-4Eは機体構造からネイティブな戦術偵察機で、カメラを収めた機首の形状が特徴的です。とはいえヒコーキとしての性能はF-4Eそのもので、ターボジェット独特の腹に響くようなエンジン音とともに迫力のある機動飛行を行なっていました。でも8の字旋回なんかをやるとやはりF-15よりは"重そう"な印象を受けます。

DSC02483

小松基地は民間空港である小松空港と滑走路を共有しており管制は空自小松基地が受け持っています。
飛行展示も民間機発着の合間を縫って行われますが、そのため旅客機と戦闘機の大きさやエンジン音の違いが実感できてなかなか面白いです。

DSC02246

DSC02396

DSC02439

DSC02405

DSC02432

小松救難隊による遭難者救助デモ。内容はいつも通りですが救難隊UH-60Jの高い操縦技術はいつ見ても圧巻です。

DSC02805

DSC02787

DSC02755

DSC02721

DSC02675

ブルーインパルスの演技も予定通り行われましたが、天候のせいかループ系の課目は実施されませんでした。やっぱり青空が恋しい....。

DSC02113

DSC02123

DSC02146

DSC02155

DSC02626

DSC02634

DSC02159

地上展示。
F-4EJ改の搭載物、増槽かと思ったら何かのポッドみたいですね。なんだろ....。

まあ初・小松はこんな感じでした。
ほんと晴れてさえいれば最高だったのですがw